Python による統計分析入門

出版社
出版日
ページ数
256
目次
第1章 統計と Python 1.1 データと統計学 1.2 プログラミング言語 Python の必要な理由 1.3 プログラムを作って動かす環境 1.4 ライブラリパッケージのインストール 第2章 Python のプログラミングルール 2.1 Python プログラムの構造 2.2 Python プログラムの書き方ルール 第3章 記述統計~平均と分散 3.1 いろいろな量・データの種類 3.2 平均 3.3 頻度分布・分散・偏差 第4章 推測統計(1)~確率と確率分布 4.1 離散的現象の数え上げと確率 4.2 連続現象の確率分布 第5章 推測統計(2)~サンプリングと推定 5.1 母集団とサンプリング 5.2 平均・分散・その他の統計指標の点推定 5.3 平均・分散・その他の統計指標の区間推定 第6章 推測統計(3)~統計的仮説検定 6.1 仮説と検定 6.2 正規母集団に関する仮説検定 第7章 多次元データの解析(1) ~ 2つの量の関係 7.1 相関分析 ~ 2つの量の関係の分析 7.2 従属関係の分析 ~ 回帰分析 7.3 質的変数の関係 第8章 多次元データの解析(2) ~ 少ない次元で説明する 8.1 主成分分析 8.2 因子分析