OpenCV と Python による機械学習プログラミング

出版社
出版日
ページ数
352
説明

Python で OpenCV を使って機械学習を行うための方法を解説した書籍です。

訳書で、オリジナルのタイトルは「 Machine Learning for OpenCV: Intelligent image processing with Python 」です。

目次
1章 機械学習を味見してみよう 2章 OpenCV と Python によるデータ操作 3章 教師あり学習の初歩 4章 データ表現と特徴量設計 5章 決定木による医療診断 6章 サポートベクタマシン( SVM )による歩行者の検出 7章 ベイズ学習による迷惑メールフィルタの実装 8章 教師なし学習による隠れ構造の発見 9章 深層学習による手書き数字分類 10章 アルゴリズムの組み合わせによるアンサンブル作成 11章 ハイパーパラメータチューニングと適切なモデルの選択 12章 ラッピング 参考文献
紹介( powered by openBD

機械学習の知識を深めスキルを強化したい方に
・OpenCV+scikit-learnで機械学習プログラミングを実践マスター
・統計的学習の本質的概念、決定木、サポートベクタマシン、ベイジアンネットワークなど様々なアルゴリズムとOpenCVを組み合わせて使う方法をわかりやすく解説!