データ分析ライブラリーを用いた最適化モデルの作り方

出版社
出版日
ページ数
224
説明

「 Python による問題解決シリーズ」の第 1 弾と位置づけられる「最適化問題」本です。

Python の強力なデータ分析と最適化のライブラリを使って「シンプルでわかりやすい最適化モデルの作成方法を学ぶこと」を目的とした書籍とのことです。

書影・目次の出所は出版社様公式サイトです。

目次
1. 最適化とは 2. Python で最適化を解くための環境構築 3. Jupyter Notebook の使い方 4. PuLP の使い方:最適化モデルを作る 5. pandas の使い方:変数表を作る 6. NetworkX の使い方:グラフを作る 7. モデルの作り方(基本) 8. モデルの作り方(応用) 9. 最適化アラカルト 付録:A 最適化のアルゴリズム 付録:B 典型的な最適化問題
紹介( powered by openBD

最適化モデルが作れる!
本シリーズは、「実践」という観点から、Pythonを用いて様々なテーマの問題解決を行うための手法を、気鋭の執筆陣が解説する。
第一弾ある本書は、Pythonのデータ分析ライブラリーと最適化ライブラリーを組み合わせることで、シンプルでわかりやすい最適化モデルの作成方法を学ぶことを目的とする。サンプルプログラムをダウンロードし、実際に手を動かしながら学ぶことができる。
Pythonで最適化モデルを構築する読者には必読の書である。