世界標準 MIT 教科書 - Python 言語によるプログラミングイントロダクション

出版社
出版日
ページ数
323
世界標準 MIT 教科書 - Python 言語によるプログラミングイントロダクション
ISBN10
4764904691
ISBN13
978-4764904699
説明

書影画像は、許諾をいただいた上で出版社様公式サイトからお借りして掲載しています。

2017 年に第 2 版が出版されたので、新たにお買い求めの際は第 2 版を購入されるのがよいかと思います。

目次
第1部 Python 言語と計算法イントロダクション 第1章 さあ,始めよう! 第2章 Python の概要 第3章 簡単な算術プログラム 第4章 関数,スコープ,抽象化 第5章 構造型,可変性と高階関数 第6章 テストとデバッグ 第7章 例外とアサーション 第8章 クラスとオブジェクト指向プログラミング 第2部 問題解決のための計算法 第9章 計算複雑性入門 第10章 いくつかの単純なアルゴリズムとデータ構造 第11章 プロットとクラス 第12章 確率,統計とプログラム 第13章 ランダムウォークと可視化 第14章 モンテカルロ・シミュレーション 第15章 実験データの理解 第16章うそ,真っ赤なうそ,そして統計 第3部 進んだ話題 第17章 ナップサック問題とグラフ最適化問題 第18章 動的計画法 第19章 機械学習はやわかり 付録:Python 2.7 簡易マニュアル
紹介( powered by openBD

MIT(マサチューセッツ工科大学)で常にトップクラスの人気を誇る講義内容をまとめた、計算科学の教科書をついに翻訳。今、注目のPython言語を通してプログラミングの手法一般を学ぶという、これまでの教科書にはない内容となっている。また、読者が身近な興味深い問題をどのようにプログラミングして解決してゆくのか、自分で考えさせるという構成となっている。
・プログラミングの基礎
・Python言語
・計算法を理解するために中心となる概念
・計算機を用いて問題解決を行うためのテクニック