入門 Python 3

出版日
ページ数
600
入門 Python 3
ISBN10
4873117380
ISBN13
978-4873117386
説明

プログラミングが初めての方・ Python が初めての方を対象とした Python 入門書です。

初心者から中級者までの知識範囲をカバーしています。 600 ページとボリュームが多く内容が盛りだくさんなので、すべてを読み通そうとすると時間がかかります。 基本の説明部分を読み通したら、後の章は興味のある部分・必要な部分だけをピックアップして読むのがよいでしょう。

訳書で、オリジナルのタイトルは「 Introducing Python: Modern Computing in Simple Packages 」です。

目次
監訳者まえがき まえがき 1章 Py の味 1.1 実世界での Python 1.2 Python と他言語の比較 1.3 では、なぜ Python なのか 1.4 Python を避けるべきとき 1.5 Python 2 vs. Python 3 1.6 Python のインストール 1.7 Python の実行 1.8 Python 公案 1.9 復習課題 2章 Py の成分:数値、文字列、変数 2.1 変数、名前、オブジェクト 2.2 数値 2.3 文字列 2.4 復習課題 3章 Py の具:リスト、タプル、辞書、集合 3.1 リストとタプル 3.2 リスト 3.3 タプル 3.4 辞書 3.5 集合 3.6 データ構造の比較 3.7 もっと大きいデータ構造 3.8 復習課題 4章 Py の皮:コード構造 4.1 # によるコメント 4.2 \ による行の継続 4.3 if 、 elif 、 else による比較 4.4 while による反復処理 4.5 for による反復処理 4.6 内包表記 4.7 関数 4.8 ジェネレータ 4.9 デコレータ 4.10 名前空間とスコープ 4.11 エラー処理と try 、 except 4.12 独自例外の作成 4.13 復習課題 5章 Py の化粧箱:モジュール、パッケージ、プログラム 5.1 スタンドアローンプログラム 5.2 コマンドライン引数 5.3 モジュールと import 文 5.4 パッケージ 5.5 Python 標準ライブラリ 5.6 バッテリー補充:ほかの Python コードの入手方法 5.7 復習課題 6章 オブジェクトとクラス 6.1 オブジェクトとは何か 6.2 class によるクラスの定義 6.3 継承 6.4 メソッドのオーバーライド 6.5 メソッドの追加 6.6 super による親への支援要請 6.7 self の自己弁護 6.8 プロパティによる属性値の取得、設定 6.9 非公開属性のための名前のマングリング 6.10 メソッドのタイプ 6.11 ダックタイピング 6.12 特殊メソッド 6.13 コンポジション 6.14 モジュールではなくクラスとオブジェクトを使うべきなのはいつか 6.15 復習課題 7章 プロのようにデータを操る 7.1 文字列 7.2 バイナリデータ 7.3 復習課題 8章 データの行き先 8.1 ファイル入出力 8.2 構造化されたテキストファイル 8.3 構造化されたバイナリファイル 8.4 リレーショナルデータベース 8.5 NoSQL データストア 8.6 フルテキストデータベース 8.7 復習課題 9章 ウェブを解きほぐす 9.1 ウェブクライアント 9.2 ウェブサーバー 9.3 ウェブサービスとオートメーション 9.4 復習課題 10章 システム 10.1 ファイル 10.2 ディレクトリ 10.3 プログラムとプロセス 10.4 カレンダーとクロック 10.5 復習課題 11章 並行処理とネットワーク 11.1 並行処理 11.2 ネットワーク 11.3 復習課題 12章 パイソニスタになろう 12.1 プログラミングについて 12.2 Python コードを見つけてこよう 12.3 パッケージのインストール 12.4 IDE (統合開発環境) 12.5 名前とドキュメント 12.6 コードのテスト 12.7 Python コードのデバッグ 12.8 pdb によるデバッグ 12.9 エラーメッセージのロギング 12.10 コードの最適化 12.11 ソース管理 12.12 本書のサンプルのクローニング 12.13 さらに学習を深めるために 12.14 これからのお楽しみ 付録A Py アート A.1 2D グラフィックス A.2 GUI (グラフィカル・ユーザー・インタフェース) A.3 3D グラフィックスとアニメーション A.4 プロット、グラフ、ビジュアライゼーション A.5 ゲーム A.6 サウンドと音楽 付録B ビジネス現場の Py B.1 Microsoft Office スイート B.2 ビジネスタスクの遂行 B.3 ビジネスデータの処理 B.4 金融界での Python B.5 ビジネスデータのセキュリティ B.6 マップ 付録C 科学における Py C.1 標準ライブラリでの数学と統計 C.2 Scientific Python C.3 NumPy C.4 SciPy ライブラリ C.5 SciKit ライブラリ C.6 IPython ライブラリ C.7 Pandas C.8 Python と科学分野 付録D Python 3 のインストール D.1 標準 Python のインストール D.2 Anaconda のインストール D.3 pip と virtualenv のインストールと使い方 D.4 conda のインストールと使い方 付録E 復習課題の解答 E.1 1章 Py の味 E.2 2章 Py の成分:数値、文字列、変数 E.3 3章 Py の具:リスト、タプル、辞書、集合 E.4 4章 Py の皮:コード構造 E.5 5章 Py の化粧箱:モジュール、パッケージ、プログラム E.6 6章 オブジェクトとクラス E.7 7章 プロのようにデータを操る E.8 8章 データの行き先 E.9 9章 ウェブを解きほぐす E.10 10章 システム E.11 11章 並行処理とネットワーク 付録F 早見表 F.1 演算子の優先順位 F.2 文字列メソッド F.3 string モジュールの属性 F.4 終わり 索引
紹介( powered by openBD

実践を見据えた本格的な「Python入門書」!
Pythonが誕生して四半世紀。データサイエンスやウェブ開発、セキュリティなどさまざまな分野でPythonの人気が急上昇中です。プログラミング教育の現場でもCに代わってPythonの採用が増えてきています。本書は、プログラミングが初めてという人を対象に書かれた、Pythonの入門書です。前提とする知識は特にありません。プログラミングおよびPythonの基礎からウェブ、データベース、ネットワーク、並列処理といった応用まで、Pythonプログラミングをわかりやすく丁寧に説明します。