Fluent Python Pythonic な思考とコーディング手法

出版日
ページ数
832
Fluent Python Pythonic な思考とコーディング手法
ISBN10
4873118174
ISBN13
978-4873118178
説明

Python の応用的・実践的な使い方を多数紹介した、中級者〜上級者向けの Python 書籍です。

訳書で、原題は「 Fluent Python: Clear, Concise, and Effective Programming 」です。

目次
賞賛の声 監訳者まえがき まえがき 第Ⅰ部 プロローグ 1章 Python のデータモデル 第Ⅱ部 データ構造 2章 シーケンスの配列 3章 ディクショナリとセット 4章 テキストとバイト 第Ⅲ部 オブジェクトとしての関数 5章 第1級関数 6章 第1級関数を使ったデザインパターン 7章 関数デコレータとクロージャ 第Ⅳ部 慣用的なオブジェクト指向 8章 オブジェクト参照、可変性、リサイクル 9章 Pythonic なオブジェクト 10章 シーケンスをばらして、ハッシュして、スライスする 11章 インタフェース ― プロトコルから抽象基底クラスへ 12章 継承の功罪 13章 演算子オーバーロードの適切な用法 第Ⅴ部 制御フロー 14章 イテラブル、イテレータ、ジェネレータ 15章 コンテキストマネージャと else ブロック 16章 コルーチン 17章 futures を使った並行処理 18章 asyncio による並行処理 第Ⅵ部 メタプログラミング 19章 動的属性とプロパティ 20章 属性ディスクリプタ 21章 クラスメタプログラミング あとがき 付録A スクリプト 付録B 参考文献リンク 付録C 参考文献 用語集 索引
紹介( powered by openBD

これが達人パイソニスタの作法!
一歩先行くパイソニスタを目指す人のためのPython解説書。Pythonはシンプルです。使い方を覚えるのも簡単で生産性を短期間で高めることができます。しかしこれは、Pythonに備わっている豊富な機能のほんの一部しか使っていないということでもあります。本書では、とても有用なのにあまり使われていないPythonの特徴的な機能を活用し効果的で慣用的なPythonコードを書く方法について解説します。読者は、Pythonicな思考とコーディング手法を身につけ、コードをより短く、より速く、より読みやすくする方法を学べます。本書では、どうすれば熟練のPython 3プログラマーになれるのかを徹底的に追及します。