実践 Python ライブラリー: 心理学実験プログラミング: Python/PsychoPy による実験作成・データ処理

出版社
出版日
ページ数
182
説明

Python の実践的な使い方を解説した「実践 Python ライブラリー」シリーズの一冊です。

「 PsychoPy 」は心理学や神経科学の実験に有用な Python ベースのソフトウェアです。 本書ではその PsychoPy を使って心理学実験とデータ処理を行う方法について解説してあります。

目次
1 Python と PsychoPy の準備 Standalone PsychoPy の準備 Python の基礎 2 PsychoPy による実験の作成 基本的な実験スクリプトの構成 一歩進んだ PsychoPy の使い方 刺激提示および反応時間計測の精度 総仕上げ:視覚探索課題 3 より高度な実験を実現するためのデータ処理 実験データの処理 音声データの加工 画像データの加工 実験実行中のデータ処理
紹介( powered by openBD

Python(PsychoPy)で心理学実験の作成やデータ処理を実践。コツやノウハウも紹介。〔内容〕準備(プログラミングの基礎など)/実験の作成(刺激の作成,計測)/データ処理(整理,音声,画像)/付録(セットアップ,機器制御)